山口県の在来線でICカードが使えるのは4駅だけ!新山口駅や徳山駅では使えない!

広告
山口エリア ICカード使えない
新山口駅で2019年1月に撮影。

山口県内の在来線でICカードが使える駅って、どれくらいあると思いますか?

さすがに山陽本線は全駅で使えるでしょ!

新山口駅や徳山駅は、ICカード使えるよね?

と思う方もいるでしょう。

そんな方々に、残念なお知らせです。

山口県の在来線でICカードが使える駅は、たったの4駅しかありません

しかも、新山口駅や徳山駅はICカードが使えないのです。

このブログでは、基本的に 「ICカード」 は、以下の10種類の全国相互利用カードを指します。
KitacaSuicaPASMOTOICAmanacaICOCAPiTaPaSUGOCAnimocaはやかけん

出典
JR西日本 ICOCAエリア
JR九州 SUGOCAエリア

広告
広告

山口県のJRでICカードが使える駅

山口県の在来線でICカードが使えるのは、

和木
※山陽本線で山口県最東端の駅。隣は広島県。

岩国

南岩国

下関

以上の4駅だけです。

山口県内 鉄道路線図

山口県の在来線の鉄道路線図を書いてみました。

ご覧の通り、ICカードが使えるのは山陽本線の両端だけであり、県内のほとんどの駅でICカードが使えない状況となっています。

【要注意】 九州・下関⇔岩国・広島を移動する場合は下車駅でICカードが使えない。

山口県の駅でICカードが使えるのは、和木・岩国・南岩国・下関の4駅・・・ということは、

広島駅から下関駅へ行くのにICカード使えるよね?

九州の駅から岩国駅へ行くのにICカード使えるよね?

と思う方もいるかもしれませんが、答えはノーです。

在来線で九州・下関方面⇔岩国・広島方面を移動する場合、下車駅でICカードが使えません。

ICカードは、JR各社が設定しているICカードの利用可能エリア内で使うことができます。
JR西日本なら「ICOCAエリア」、JR九州なら「SUGOCAエリア」といった具合です。
しかし、ICOCAエリアの駅からICカードで乗車して、SUGOCAエリアの駅でICカードで下車するといったように、エリアを跨いで使うことはできないのです。
下関駅 改札口(2018年3月撮影)

下関駅の改札口(2018年3月撮影)。「ICカードは九州方面のみ利用可」と書かれています。

下関駅はJR西日本の駅ですが、JR九州 SUGOCAエリアの駅となっています。

そのため、下関駅からICカードで乗車した場合、九州の駅(一部を除く)でICカードで下車することはできますが、岩国駅や広島駅といったJR西日本の駅でICカードで下車することができません。

また、下関駅で使えるICカード定期券は ICOCA定期券ではなく、「SUGOCA定期券」です

ただし、下関駅でSUGOCA および SUGOCA定期券の発売は行っていません。
(下関駅までのSUGOCA定期券は JR九州の駅で発売しています)



新山口駅や徳山駅の在来線改札口に自動改札機は無い

新山口駅や徳山駅でICカードが使えないって本当なの?

と半信半疑な方もいるかと思います。

そこで、新山口駅と徳山駅の在来線改札口の写真をご覧下さい。

新山口駅 在来線改札口(2019年1月)

新山口駅の在来線改札口(2019年1月撮影)

こちらが、新山口駅の在来線改札口です。

自動改札機は設置されておらず、有人改札となっています。

徳山駅 改札口(2019年3月)

徳山駅の在来線改札口(2019年3月撮影)

徳山駅の在来線改札口も、この通り。

【朗報】山陽線 南岩国~徳山駅間でICカードが利用可能に! (2022年春から)

2020年現在は たった4駅しかICカードが使えない山口県ですが、2022年春から、山陽本線 南岩国~徳山駅間の各駅でICカードが使えるようになる予定です。

藤生(ふじゅう)、通津、由宇、神代、大畠、柳井港、柳井、田布施、岩田、島田、光、下松、櫛ケ浜、徳山の計14駅。
徳山駅から先の駅(防府・新山口方面)や岩徳線の駅では、2022年春以降もICカードが使えないので注意して下さい。

ICOCA以外のICカードを利用する場合の注意事項

ICOCA以外のICカード、ICカード定期券は買えない

JR西日本の駅では、ICOCA以外のICカード(Suica、PASMOなど)を発売していません。
また、ICOCA以外のICカードを定期券として利用することもできません。

前述した通り、下関駅で利用できるICカード定期券は、「SUGOCA定期券」です。

Suica・PASMOのオートチャージは行われない

JR西日本・JR九州の駅では、ICカードが使えるエリアであっても、Suica・PASMOのオートチャージは行われません
オートチャージが可能なエリアは、Suicaの首都圏エリア・仙台エリア・新潟エリアと、PASMOエリア(首都圏の私鉄・地下鉄)のみです。

PiTaPaのポストペイ(後払い)は適用されない

山口県の駅では、てPiTaPaのポストペイ(後払い)が適用されず、カード内残額から減額されます
カード内残額が不足している場合、チャージ(入金)が必要です。

タイトルとURLをコピーしました