○

この記事では、三重県でICカードが使えるJRの駅について まとめています。

※このブログでは、基本的に 「ICカード」 は、以下の10種類の全国相互利用カードを指します。
KitacaSuicaPASMOTOICAmanacaICOCAPiTaPaSUGOCAnimocaはやかけん



広告



関西本線(JR東海)
長島
桑名
朝日
富田
富田浜
四日市



関西本線(JR西日本)
柘植
※草津線方面のみICカードが使えます。


上記以外のJR駅では、ICカードが使えません。
津・松阪・伊勢市・鳥羽の4駅は、JRでICカードが使えません。
(近鉄はICカードが使えます)

※関西本線 四日市~亀山駅間は、2019年3月2日(土)からICカードが使えるようになる予定です。

※関西のJR駅や柘植駅からICカードで乗車した場合、
柘植駅以外の三重県のJR駅で ICカードで下車できません。


※北陸や長野県のJR駅からICカードで乗車した場合、三重県のJR駅でICカードで下車できません。

※三重県でICカードが使える私鉄は、近鉄のみです。
伊勢鉄道、養老鉄道、三岐鉄道、四日市あすなろう鉄道、伊賀鉄道ではICカードが使えません。



【Suica・PASMOを利用する方へ】
三重県の駅では、ICカードが使えるエリアであっても、Suica・PASMOのオートチャージは行われません。
オートチャージが可能なエリアは、Suicaの首都圏エリア・仙台エリア・新潟エリアと、
PASMOエリア(首都圏の私鉄・地下鉄)のみです。

また、三重県の駅では SuicaやPASMOを定期券として利用することができません。
JR東海の場合は TOICA定期券を、JR西日本・近鉄の場合は ICOCA定期券を購入してください。



【PiTaPaを利用する方へ】
三重県のJR駅では、柘植駅を除いて PiTaPaのポストペイ(後払い)が適用されず、
カード内残額から減額されます。

カード内残額が不足している場合、チャージ(入金)が必要です。


乗車する駅でICカードが使えるか確認する
下車する駅でICカードが使えるか確認する
トップページへ

広告