福井県の駅からICカードで乗車した場合、下車する駅でICカードが使えるか <まとめ>

スポンサーリンク

福井県のICOCAエリアの駅からICカードで乗車した場合、下車する駅でICカードが使えるか まとめました。

※このブログでは、基本的に 「ICカード」 は、以下の10種類の全国相互利用カードを指します。
KitacaSuicaPASMOTOICAmanacaICOCAPiTaPaSUGOCAnimocaはやかけん

① 下車する駅が 北陸本線の駅(米原~敦賀~福井~金沢)

ICカードが使えます。
※2018年9月15日(土)から 北陸本線 福井県区間の全駅でICカードが使えるようになりました。
※小浜線・九頭竜線(越美北線)・七尾線では、ICカードが使えません。

 

② 下車する駅が富山県の駅、IRいしかわ鉄道の駅(東金沢、森本、津幡、倶利伽羅)

下車する時 ICカードが使えません。
※関西や福井県の駅からICカードで乗車した場合、ICカードが使えるのは 金沢駅までとなっています。
もし、ICカードで乗車して 金沢駅から先、富山方面へ向かう場合は、大聖寺~金沢駅間の駅で一旦改札を出るか、下車駅で現金で精算してください。

※城端線(新高岡駅以外)・氷見線・高山本線では、ICカードが使えません。

 

福井県・石川県・富山県でICカードが使えない駅を確認する

③ 下車する駅が 新潟県でICカードの使える駅

乗車する駅が JR西日本などのICOCAエリア
下車する駅が JR東日本 Suica 新潟エリア

エリアを跨ぐので、下車する時 ICカードが使えません。
※えちごトキめき鉄道・大糸線では、ICカードが使えません。

新潟県でICカードが使えない駅を確認する

④下車する駅が 関西でICカードが使える駅(醒ケ井・近江長岡・柏原(かしわばら)の3駅を除く)

ICカードが使えます。

※ただし、乗車駅から下車駅までの乗車距離が 最短経路で営業キロ200kmを超えると、
下車する駅でICカードが使えなくなります。
(大阪近郊区間⇔北陸本線の特急停車駅を移動する場合は、営業キロ200kmを超えても利用可能)

詳しくは、【JR西日本】 ICOCAエリア 「営業キロ200km制限」 について 【まとめ】 」 をご覧ください。

関西でICカードが使えない駅を確認する

⑤ 下車する駅が 醒ケ井駅・近江長岡駅・柏原(かしわばら)駅、および 岐阜県・愛知県・静岡県でICカードの使える駅(名古屋駅など)

乗車する駅が JR西日本などのICOCAエリア
下車する駅が JR東海のTOICAエリア

エリアを跨ぐので、下車する時 ICカードが使えません。

岐阜県・愛知県・静岡県でICカードが使えない駅を確認する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

広告

北陸
このブログをフォローする
JRの駅でICカードが使えるか使えないか分かるブログ
タイトルとURLをコピーしました